空き家問題の対策方法は?


これからも増える空き家

その問題が可視化されつつある空き家ですが、今後減少の可能性はみえません。むしろ高齢化、人口減少が進む日本においては、ますます深刻な問題となるでしょう。ここではもう少し厳密に、空き家が増える理由について述べてみます。

空き家が増加する原因が、所有者の高齢化にあることは間違いありません。これまでであれば、その子供や親族が家を継ぎ、管理することもあったのですが、人口そのものが減少している日本では、そうした者も不足しているのが現状です。

では住めないなら住めないなりに、解体してはどうかと考えがちですが、土地を更地にしてしまうと、固定資産税が高くなってしまうためできないのです。土地は、住宅が建っている場合と、建っていない場合では固定資産税の金額が変わります。ボロボロでも家さえ建っていれば、固定資産税は安くなるので、解体も解決策にはなりません。

また日本特有の事情として、中古の住宅が売れにくいという理由もあります。買うならやはり新築でという人が多い中では、空き家に住んでくれる人を探すのは大変です。しかし売るとなっても、古い住宅は耐震補強が十分ではないこともあり、リフォーム代がかかることも問題を難しくしています。